Digital Signage

株式会社インクルードは
各種デジタルサイネージの制作を承っております。
機器選定からコンテンツ提案、制作、設置、その後のサポートまで
インクルードにお任せください。

デジタルサイネージとは

液晶ディスプレイやLEDディスプレイなどの電子的な表示機器で情報を配信表示する看板、
またはシステムを総称して 「デジタルサイネージ」と呼びます。
店頭や屋外に設置するほか、駅などの公共施設からオフィスや工場といった様々なシーンで活用されています。

店頭看板にこのようなお悩みは
ございませんか?

  • 訴求力の弱さ

    情報に新鮮さがなく印象も薄いせいか、人の目に留まっていない。通り過ぎてしまっているので店内への流入が見込めない。

  • 掲載情報の制限

    ポスターではサイズ内に情報を収めなくてはならず、打ち出せる情報が制限されてしまい十分な広告ができていない。

  • コストと手間

    ポスターを情報更新しようとすると印刷費はもちろん貼り替えの手間や人件費、時間コストなどが毎回かかってしまう。

デジタルサイネージが選ばれる
4つのメリット

  • 印象に残る広告配信

    デジタルサイネージはポスターとは異なり、静止画以外にも映像や音など情報量が多いコンテンツをお客様に届けることができます。
    また、広告内容に効果が現れなければ、デザイン修正を行い、効果が出てくるまでPDCAを回すことが可能です。

  • 常に最新の情報をお届け

    デジタルサイネージはデータの更新になるので従来のポスターより容易に更新が可能になります。 情報更新する場合はデータを差し替えるのみ※1なので、緊急なお知らせや頻繁な更新が必要な場合でも対応が可能です。
    ※1 データ反映方法によっては異なります。

  • 貼替え不要で人件費カット

    ポスターでは告知内容ごとに作成→貼替えが必要ですが、デジタルサイネージであれば、貼替える分の人件費をカットできる上に、複数のコンテンツをスライドで配信が可能なため、場所代もカットすることが可能です。

  • 省スペースで充実の情報量

    画面を切り替えて使用できることにより、1台のディスプレイで複数の広告を載せることができるため、様々な情報を十分に、且つ省スペースで掲示することが可能です。

活用シーン

SCENE
01
病院

退屈な待ち時間を有効活用して頂けるように、病院の基本情報や患者様にとって有益なコンテンツを配信することで、待合時間のストレスを軽減することができます。また、関係者向けの情報共有もできるので、コミュニケーションも円滑にすることが期待できます。

SCENE
02
飲食店

店頭に動きのあるデジタルサイネージを設置することで通行人の目を惹くことが出来ます。時間帯や季節に表示させるコンテンツも簡単に変更可能です。また、店内の雰囲気や料理のシズル感も動画では表現することが可能なので、客足を促す効果が期待できます。

SCENE
03
オフィス

伝達事項が多いオフィスでは社内の情報共有ツールとして、コミュニケーションを円滑にすることが出来ます。また、ウェルカムボードとして受付に設置することで、スムーズな案内はもちろんのこと、自社商品・サービスのPRツールとしても期待できます。

SCENE
04
商業施設

様々なテナントがある商業施設にインフォメーションボードとしてデジタルサイネージを設置することで、テナントごとのイベントやセール情報などもリアルタイムで配信することができ、施設内の回遊率も上げることが期待できます。

導入事例

ホテルニューオータニ大阪様ショッピングアーケード“プラザシヤトウ”フロアガイド

導入前

壁面にフロアマップが数カ所配置されており、ショップ名と場所を示すのみであった為、ショップの詳細がわからない、またショッピングアーケードへ誘致が弱い状態でした。

設置の目的
  • ・ご宿泊やお食事を目的として来られたお客様にもショッピングエリアの存在を認識していただき各店舗への誘致を目指す
  • ・年数回行われるフェアやバザール等の情報を発信する
導入後

ジャンルごとに店舗を分けたコンテンツも作成したことにより、お店をお探しのお客様にすばやく情報を提供することが可能となりました。またスタッフがお客様の道案内の際にも使用されるように。

お問い合わせ

デジタルサイネージ導入についてのお問い合わせ・ご依頼は下記電話番号かメールアドレスまでご連絡ください。
※内容により回答までお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください。

tel. 06-6534-9333

10:00-19:00(※土日祝を除く)